登山初心者が知っておきたい雨の日の登山

こんにちは
サワキと申します。

今回は雨の日の登山について考えていきます。

雨の日の登山は危険がいっぱいです。

1.登山初心者が知っておきたい雨の日の山

雨登山

山に雨が降ると気温が下がりますので体感温度もそれなりに下がってきます

登山道の岩場では非常に滑りやすくなり気象状況によっては見通しも悪くなったり強風や雷を伴うこともあります

寒冷前線の通過による雨では気温がガラッと変わってとても寒くなり、早春や晩秋の時期には雪に変わることも珍しくありません。

2.登山初心者が知っておきたい雨の日登山のウェア

雨登山

基本的には雨の日は登山を中止する方が賢明ですが長期の登山などで雨の日に登山をしなければならないときもあります

もちろん、大雨などの危険な状況では絶対に登山をしてはいけません。

雨の中を登山するときのウェアは服や体が濡れないようにするためにレインウェアなどを着て足元にはスパッツを履いて靴の中に雨が入らないようにするのが基本です

しかし最も大切なことは中からも汗をかきますし多少の雨が入ってくることもありますので濡れてもいいウェア(レイアリング)がとても重要になってきます

※レイアリングの詳細については、下記リンクの「登山者が知っておきたい登山ウェアの選び方」を参考にしていただければと思います。

特に直接肌に触れ肌から出る汗をコントロールする肌着の素材はとても重要汗の吸収が良くそれを肌に戻さない綿素が必要になってきます。これは雨の日だけに限らないレイアリングの選び方になります。

このレイアリングは、時には生死を分けることにもなるほど重要なことです。

3.登山初心者が知っておきたい雨の日登山の注意

雨登山

雨の日の登山は、気温も冷えてくるし雨粒を浴びながら歩くので体力の消耗が激しくなります。また足元も滑りやすいのでいつも以上に神経を使いますし、レインウェアを着ていると視界も狭くなってしまうので精神的にも過酷な登山になります。

雨の日の登山ではいつもよりゆっくりした速度で足元を注意しながら歩くことが大切でさらにレインウェアや雨によって視界が狭くなってしまうので周囲の確認をいつも以上に行いながら登山道を外れないように進んでいくことが大切です

4.まとめ

雨登山

今回は、雨の日の登山についてお伝えしましたが如何でしたでしょうか?

雨の日の登山では体力的にも精神的にも過酷な登山になります。

基本的には雨の日の登山は中止した方がいいのですが、どうしても雨の日に登山をしなくてはならない状況になった場合には、この記事を参考にして安全な登山を行ってください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク







ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする