登山ご飯の作り方

こんにちは

登山中であっても

コンパクトなバーナーとクッカーがあれば

温かいものが食べられます。

そんな登山中の初心者が知っておきたい

ご飯の作り方をまとめてみました。

 

1.ご飯作りの調理道具

出典元:https://www.photo-ac.com/

山には家庭用の調理道具を持っていくのは無理です。

登山専用のクッカーというものがあります。

これはアルミやチタンで作られているものが多く

軽量でコンパクトにまとまるように作られています。

それにコンロが必要になります。

コンロにはガスを使うものとガソリンを使うものがありますが

初心者にはガスコンロが使いやすいのでお勧めです

これで調理器具の準備は大丈夫です。

あと忘れてはいけないのは

コップやお茶わんやはしやスプーンなどがあります。

意外と忘れがちなので

しっかり準備をしておきましょう。

2.登山初心者の食材

出典元:https://www.photo-ac.com/

まず忘れてはいけないのが

調理に使う水をポリタンクなどに入れて持って行ってください。

これがないと調理ができません。

簡単に作られるものとしては

レトルトパックになった食材が使いやすいく

レトルトパックなら温めてすぐに食べることができます

今では多くの種類が出ていますので

自分に合った食材を選ぶことも簡単にできます。

ご飯やお味噌汁やカレー

ハンバーグや和食の焼き魚や煮物など種類はたくさんあります。

コーヒーや紅茶などを持っていくと

休憩中に体を温めることもできます。

 

3.登山初心者の調理

出典元:https://www.photo-ac.com/

レトルトパックであれば

お湯を沸かしてそのまま入れて温めるだけです。

ご飯をお米から炊くには

標高の高い山では気圧が低いのでお湯が早く沸騰してしまうので

内部に圧力のかかるクッカーを持っていく必要があります

圧力なべを使わずに標高の高い山で米を炊くと

芯の残ったご飯になってしまうので注意が必要です。

登山用のガスコンロは風に強くなっていますが

強風時には火が消えてしまうこともありますので

コンロを囲える防風パーツを用意しておくと便利です

また強風時にはコンロが倒れたりすると

山火事や火傷の危険がありますので

石などを使ってコンロをしっかりと固定してください。

♪あるある雑談♪

私自身レトルト食材だけでなく

次回はもっと手の込んだものを作ろう

なんて毎回思うのですが

いつもレトルト食材になってしまいます(笑)

 

4.登山初心者の後始末

出典元:https://www.photo-ac.com/

登山での水は貴重品なので

使用後の調理器具はサッとゆすいで

キッチンペーパーなどで拭いてしまいます

調理後の空袋や残飯などのごみは

ビニール袋などに入れて全て自宅まで持ち帰りましょう

調理器具は自宅に戻ってから

きれいに洗って次回の登山に備えておきましょう。

 

5.まとめ 登山でのご飯作り

出典元:https://www.photo-ac.com/

登山での食事に作り方をお伝えしました。

如何でしたでしょうか?

道具をそろえておけば簡単に食事が作れると思います。

大自然をバックに楽しい食事を楽しむのもいいですね。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする