登山で森林浴効果

こんにちは

 

登山は大自然が相手なので

過酷なことも多々あります。

しかし

大自然の中で癒されることも多くあります。

今回は

この森林浴効果についてまとめてみました。

 

1.登山初心者の森林浴の効果とは

出典元:https://pixabay.com/ja/

登山の醍醐味として

大自然の中で癒されるひと時があります。

これには

森林浴の効果というものがあります。

森林浴は

別名自然療法とも呼ばれていて

体調を整える上で様々な効果が期待できるのです

主な効能としては

ストレスホルモンの効果として

血圧や脈拍数の安定

さらに

免疫力アップなどがあげられます。

とにかく

自然に囲まれていると

心身ともに癒されてきます。

ちなみに

海外では正式な治療方法として

保険が適用される国までありますので

その信頼性といえば非常に高いと言えます。

 

2.森林浴のフィトンチッド効果

出典元:https://pixabay.com/ja/

登山中には

森林の中を歩いたり

川や滝に出会ったりもします。

この大自然の中で

恩恵を受けている森林浴効果は

どこにあるのでしょうか

それは

森の中に存在する

フィトンチッドという物質が基本となっています

このフィトンチッドは

森林の殺菌と香りのことで

具体的には

傷ついた樹木が

自身を守るために発する

揮発性の物質ということです

これには

リフレッシュ・脱臭・消臭・抗菌・防虫など

人にとってもすごく有益な効能があることが知られています。

つまり

森林浴は

身体のリフレッシュとても役に立っているのです

さらに

森の中にある様々な音も

癒し効果に大きくかかわっていて

嗅覚だけではなく聴覚を使うことも

森林浴では非常に重要なことだとされています。

登山中に聞こえてくる

小鳥のさえずりや川のせせらぎは

リラックス効果を与えてくれます。

また

滝の力強い音でさえも

山の中ではリラックス効果をもたらせれてくれるのです

 

3.森林浴のレナード効果

出典元:https://pixabay.com/ja/

登山中に

滝のそばに行くと何となく落ち着くのは

滝にはマイナスイオンが豊富に存在しているからです。

水しぶきが大きい滝ほど

マイナスイオンの発生に大きな影響をもたらしていて

これをレナード効果といいます

ちなみにレナード効果とは

山などから落下した水が

周囲の岩肌などにぶつかって

細かな水滴に分裂されていきます。

その時に

大きい水粒子はプラスに帯電して落下していき

小さい水粒子はマイナスに帯電することによって

周りの空気をマイナスに帯電させていく効果のことです。

つまり

滝つぼの周囲には

マイナスイオンたっぷりの空気が存在することになるのです

 

4.森林のマイナスイオン効果

出典元:https://pixabay.com/ja/

マイナスイオンは

森林を浄化してくれて

動物のフンなどの匂いも消してくれます

またマイナスイオンは

ストレスの軽減やリラックス効果も認められていますが

このストレスこそ万病の原因と言われているものです。

それを癒やしてくれることができる

マイナスイオンの存在というものは

限りなく大きいといえるでしょう

登山中は

大自然の中にいるので

自然界に存在する香りや音に包まれることになり

日常から離れた世界で

不安や心配事から解放され

心理的にも

現実逃避の時間を過ごすこともできます。

雄大な自然に触れれば

日常で乱れた体の波動を整えることもできます

 

5.まとめ 登山中の森林浴効果

出典元:https://pixabay.com/ja/

今回は登山初心者の雑学ということで

森林浴効果についてお伝えしました。

登山というものは

大自然に触れ合うことによって

森林浴効果も付いてくるのですね。

そんな大自然を満喫してみてください。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする