登山中に起こる高山病とは

こんにちは

 

高い山に登った時に起こしやすい高山病は

ちょっとした体調不良かと思われがちですが

放っておくと重症化してしまいます。

今回は高山病についてまとめてみました。

 

1.高山病の原因

出典元:https://pixabay.com/ja/

高山病は

気圧が低くなる高い山に登った時に

空気濃度の低下による酸素不足によって起こる症状です

その人の体調や個人差によって酸素吸収率の違いがあるので

2000m級の山で高山病になってしまう人もいるので注意が必要です。

少しずつ高度を上げるなどして

体を徐々に低酸素に慣れさせていく必要があります

しかし場所によっては

3000mを超えるところまで乗り物で行けてしまうところもあります。

そんな場所では

低酸素に慣れていない状態で

いきなりハードな登山を始めて発症してしまうこともあります

 

2.高山病の症状

出典元:https://pixabay.com/ja/

高山病の症状としてよくあるのが頭痛です

そのほか

食欲がなくなってしまったり吐き気を感じたり

全身の倦怠感やめまいやふらつきや睡眠障害などの症状を起こしたりもします

さらに症状が進むと

謳吐をしたり思うように体が動かせなくなったり

眠りがちになってしまうなどの症状が出てきます

このような症状が出てきたら

高山病がかなり進行している状態なので

早急に救急隊などの要請が必要になってきます

低酸素状況下で酸素を効率よく吸収できないことにより

体内全体が酸素不足を起こしていろいろな不調が現れてきます。

また意識的な不調を伴うこともあります。

 

3.高山病の応急処置

出典元:https://pixabay.com/ja/

高山病の症状が現れたら

登山計画は中止して下山することが大切です

体の状態が楽になるまで下山すれば治ることも多いのですが

重症化してしまうと命にかかわる事態になることもあるので

症状に気が付いたらすぐに下山するようにしてください。

ゆっくりと下山をして

携帯酸素による酸素補給も有効な手段になります

高山病にならないためには

余裕のある登山計画と

一気に高度を上げない登山計画が重要となります。

さらに

自分の体調管理もしっかりと行っていくことも必要になります。

常に自分と体調や状態を意識して

ペースを乱さずテンポよくゆっくりと歩き続けることも大切になことです。

 

4.まとめ 高山病とは

出典元:https://pixabay.com/ja/

今回は高山病についてお伝えしましたが如何でしたでしょうか?

高山病は

高所における酸素不足によって起きますが

その時の体調によっても起こりやすくなります。

自分の体調にはしっかりと注意しながら

楽しい登山をしていきましょう。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする