初心者キャンパーでも楽しくキャンプ

これからキャンプを楽しみたい

そんな計画を立てている初心者の方。

既に挑戦した事があるものの

もっと快適なキャンプを目指したい

と考えている初心者の方。

そんなキャンプ初心者が

意識しておくと安心なことは

事前準備や知識を十分に得ておく事です。

1.キャンプの宿はテント

出典元:https://pixabay.com/ja/

キャンプ場にて

宿泊する時に欠かせないのがテントです

一言でテントと言っても

横になって睡眠を取ることだけを目的とした

小型なテントから

食事をしたりゆっくりと思い思いの過ごし方ができる

大型のテントまでありますので

キャンプ場での過ごし方や

キャンプ経験などを考慮たうえで

入手するテント選びをしていきましょう。

大きいテントの方が

中でくつろげる空間が広くなるものの

設営と共に片付けに関しても

作業量や技術的なことや時間が多くなってきます

初心者におけるキャンパーでは

設営や片付けに要する作業量や技術なことや時間と

居住性などの使い勝手という

相反する状況の妥協点を見つけ出す必要があります。

テントの選び方

初心者なら

まずはアウトドアショップに行き

店員さんに尋ねてみましょう

実際にテントを見て触って

実際の居住空間を実感できたりもします。

そして

自分の力量と生活する人数などを考慮して

店員さんのアドバイスをもらいながら

自分のキャンプに適したテント選びをすることがベストです。

テントの使い勝手

キャンプ場では

テント生地の下が芝生であることが多いため

テント内で横になっても

硬い印象は感じないことも多くあります。

しかし

地面に凹凸があったりすることはよくあることで

さらに

地面からの湿気や冷えなどがテント内に伝わってきます。

それらを防ぎ快適に過ごすためには

床に敷くマットを一緒に購入しておくことをお勧めします

2.キャンプの場所は野外

出典元:https://pixabay.com/ja/

外で過ごす時間が普段よりも長くなるからこそ

着替えの数も十分に用意しておきましょう

いつもと同じ生活ができるように

歯ブラシなどの日用品も用意しておきます。

尚且つ

今日では普段の生活と同じ環境でキャンプが楽しめるように

整備されているキャンプ場も沢山ありますが

山でのキャンプ場では

都会よりも天気が変わりやすいので

雨対策や防寒対策もしっかりと考えておきましょう。

急な雨にも対処できるように

レインウェアを持参して

すぐに使用できるようにしておくと重宝します

レインウェアを着用していれば

両手が空くので天候に関わらず散策をすることもできます。

3.キャンプでの火の取り扱い

出典元:https://pixabay.com/ja/

初心者キャンパーが

注意しなくてはいけないことの一つに

火の取り扱いが挙げられます。

バーベキューなどの

調理をするときにも火を使います。

キャンプを楽しむアイテムとして

焚き火を囲んで団らんする事も

楽しみにしている方も多くいると思います。

地面に対して薪を直接的に置く直火は

許されていないキャンプ場も多くあります。

その理由としては

火災を防止するためであったり

芝生や自然を保護するためであったりします。

自分の行くキャンプ場のルールを

事前に知っておく必要があります。

直火が出来なくても

焚火台というものが売っていますので

この焚火台を使うことによって焚火を楽しむこともできます。

4.まとめ キャンプ楽しむ方法

出典元:https://pixabay.com/ja/

初心者キャンパーが

キャンプ楽しむ方法をまとめてみました。

初心者だからこそ

事前準備と知識を持っておいて

快適なキャンプ生活を楽しみましょう。

自宅でアウトドアグッズを検討するなら・・・


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする