キャンプで「持ってくればよかった!」と後悔したもの

毎年のようにキャンプに行っていますが

初心者のころは

「持ってくればよかった・・・」

と後悔したグッズがたくさんありました。

1.キャンプで持っていきたい星座早見版

出典元:https://pixabay.com/ja/

そのなかでも

特に印象に残っているのは星座早見盤です

キャンプで泊まるとき

都会では見えない美しい星空が

頭上いっぱいに広がります。

単純に星を眺めているだけでも楽しいですが

星座の知識があれば

もっと有意義に過ごせると感じたのです。

特に子どもが一緒のときは

大自然の中で星空を見ながら

星座の話をすることは

子供の想像力がフル活用して

素晴らしい情操教育になることでしょう。

あるキャンプの時

子供が夜空を指さして

「あれって何座なの」なんて尋ねてきたことがありますが

そのときは何も答えられず寂しい思いをしました。

学校の理科で習った程度の知識はありますが

大自然の中で見る夜空は

空いっぱいに星があるので

オリオン座などのメジャーなものですら

見つからなくなってしまいます。

星座早見版があれば

今の時間にオリオン座後が

どこら辺にあるのかの目星がつくので

子供と一緒に探し当てることもでき

子供と共に探す楽しみを分かち合うことができたでしょう

そのときには

次に子どもと来るときは

絶対に星座早見盤を持ってこようと誓いました。

近所のショップで簡易なものが売っていたので

それを購入してキャンプグッズの一式に加えてあります。

ちなみに

当時はまだスマートフォンが普及していなかったので

星座早見盤のアプリも利用できない状況でした。

でも

携帯アプリも便利なのですが

大自然の中で夜空を眺めるのなら

アナログの星座早見版がいいと私は思います。

2.キャンプで役立つ小さなビニール袋

出典元:https://pixabay.com/ja/

小物で後悔したのは小さなビニール袋です

大きなビニール袋は束ごと持ってきていましたが

スーパーのサッカー台にあるような小さなサイズのものは

わずか3枚ぐらいしか用意していませんでした。

初めてのキャンプにおいて

それだけでは足りないと痛感することが次々と起こりました。

たとえば

食事後に残りの具材をこまめに分けて持ち帰りたい場合

大きなビニール袋があっても意味がありません。

また

きれいな石などを見つけた場合も

小さなビニール袋があれば収納しやすくなります。

小さなビニール袋は

川で水をすくいたい場合にも使えるなど

非常に汎用性の高い便利なアイテムです。

それ以降

少なくとも20枚は持っていくようにしています。

耐久性がたかいほうが使い勝手が良いので

少し高級なものをまとめ買いしました。

反対に

大きめのサイズのものは意外と使わないので減らしています

3.キャンプで役立つポンチョ

出典元:https://pixabay.com/ja/

雨が降った時を考えて

傘を用意していましたが

いざ雨が降ってきたときに

傘を持っていると片手が使えなくなってしまい

とても不便な思いをしたことがあります。

そこで威力を発揮してくれるものが

頭からかぶるだけの雨具のポンチョです

ポンチョを着ていれば

雨に濡れずに両手が使えるので

雨の日の行動が快適にできます。

雨の日にはタープ内で食事をしますが

そんな食事の支度の時などに

テントとタープとの行き来をしますが

脱ぎ着も簡単にできて両手が使えるので

とても重宝しているグッズです。

4.キャンプで役立つ洗濯ばさみ

出典元:https://pixabay.com/ja/

風が強いときには

ごみ袋などに使うビニール袋などが

風で飛ばされてしまい苦労したことがありました。

こんな時に便利なのが

大小合わせた洗濯ばさみです

ビニール袋をテーブルに洗濯ばさみで挟めば

風で飛ばされることもなくなります。

また

濡れたタオルや衣服を干すときにも

テントやターブなどのロープに洗濯ばさみで挟めば

簡単に干すことができます。

余った食材を入れたビニール袋も

洗濯ばさみで蓋をすることができるので

これも意外と役に立ちますので

キャンプの必須アイテムにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする