キャンプの敵!虫除け対策

長期休暇を利用して

キャンプに出かける機会がぐっと増えてきました。

屋外で開放的に過ごすことが出来るキャンプは

最近のマイブームになっています。

1.キャンプで虫との闘い

出典元:https://www.photo-ac.com/

夏場は

虫のトラブルが起こりやすいこともあります

一度ブヨに足を噛まれてしまった経験があり

その後腫れやかゆみが一向に改善せず

とても苦しんだ経験があります。

そこで

完全な虫除け対策をすべく情報をまとめてみました。

2.テント内に虫が入らないようにする

出典元:https://pixabay.com/ja/

まず最初に考えたことは

テントやタープ内に虫を入れないことでした

まずは

テント選びから考えてみました。

テント内の通気性と

外部からの虫の侵入を防ぐことを考えると

テントの入り口や窓の部分にメッシュが付いている

そんなテントを選ぶことがベストです。

タープも

メッシュで囲えるタイプのものにしました

3.蚊取り線香は防虫に使える

出典元:https://www.photo-ac.com/

今まで蚊取り線香は

一般的に売られているものを使っていました

出典元:https://www.photo-ac.com/

この写真の容器は蓋をすると

中の蚊取り線香が固定されて

蚊取り線香を着けたまま持ち歩けるので

数個用意して周囲に置いていました。

テーブルの上に置いたり

テーブルの下にぶら下げたりすると

これがけっこう効果があって

蚊が寄ってくることが少なくなっていました

アウトドアショップに行った時に

一般的に販売されている蚊取り線香とは異なる

アウトドア用のタイプが置かれていました。

このアウトドア用タイプの蚊取り線香は

有効成分や煙が家庭用よりも多く

パワフル仕様となっているので

虫除け効果も期待できそうなので購入しました

実際に使ってみたところ

蚊はもちろん自分にとって絶対に虫除けしたかった

アブやブヨも寄ってこなかったので

本当に購入して良かったのでおすすめです。

4.焚火の煙も虫よけ効果がある

出典元:https://pixabay.com/ja/

焚き火の煙も

ある程度の虫除け効果があると聞いたので

風上で煙を出すようにして焚き火台を置いてみたのですが

煙をまともに浴びる位置に座ったら

とにかく煙たくて涙が止まりませんでした。

これは虫も来ないけれど

人間も居れないことが判明・・・(笑)

焚き火はあまり煙を出さなくて

置き位置を工夫すれば

夏場でも害虫を除けることができます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする