登山初心者が知っておきたい環境変化への対応

こんにちは

サワキと申します。

登山中には自分を取り巻く環境が刻々と変化してきます。

初心者が知っておきたい環境変化の対処法をまとめてみました。

1.登山初心者が知っておきたい登山中に起こる環境変化とは

登山環境

出典元:https://pixabay.com/ja/

登山中には時々刻々と自分を取り巻く環境が変化していきます。

寒くなったり暑くなったり強風が吹いてきたり雨が降ってきたりと、予測不能な環境変化がどんどん襲ってきます。

それらをどう乗り越えて快適で安全な登山を楽しめるのかが重要なポイントになってきます。

2.登山初心者が知っておきたい気温変化への対応

登山環境

出典元:https://pixabay.com/ja/

気温は季節によって大きく変わりますし1日の中でも大きく変化することがあります。

太陽が昇るにしたがって気温が上昇したり運動量が増すにしたがって体温も上昇します。

稜線に出たら強風が吹いていて急激に体温が奪われたりもします

このような状況に対応するにはアウターウェアやミドルウェアこまめな調節が必要になります。

もちろん適切なインナーウェアの着用が前提になります。

周りの気温や自分の体温の状態を素早くキャッチして早めにアウターウェアやミドルウェアの脱ぎ着をして体温調節をしてください。

3.登山初心者が知っておきたい天候変化への対応

霧

出典元:https://pixabay.com/ja/

晴れていたかと思えば突然霧に覆われてたりすることもあります。

そんな濃い霧に突然覆われてしまったらむやみに動くのは大変危険です。

レインウェアを着てその場で霧が晴れるのを待ちましょう。

さらに急に大雨が降ってきたり雷が鳴ったりすることも山ではよくあることです。

そんな急な大雨に出くわしてしまったらできるだけ雨のあたらない場所に素早く移動してレインウェアをすぐに着ます

雷が鳴っていたりしたら木陰や岩陰に身を低くしてしばらく待ちましょう

4.登山初心者が知っておきたい風の変化への対応

気温

出典元:https://pixabay.com/ja/

稜線に向けて歩いているときはほとんど風がないのに稜線に出たとたん強風にさらされることはよくあります。

突然の強風に飛ばされてしまわないように、稜線近くになっなら風の音などに注意を傾けてください。

また普通に歩いているときにも突風が吹いてくることがありますので、絶えず目と耳などで周囲のザワザワという音や草木の動きなどの状況を確認しながら歩きましょう。

5.まとめ

対応

出典元:https://pixabay.com/ja/

今回は登山中に起こる環境変化についてお伝えしましたが如何でしたか?

登山にはいろいろなアクシデントが付きものです。

このような急激な変化に対応できる知識を持っていれば安全な行動をとることができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする